レディー

目元じわをなくして若返るためのアイクリーム活用法

潤いたっぷりの肌に

女性

水分と油分、どちらも必要

乾燥肌は肌の水分が不足している状態で、カサついたりつっぱったり、酷い場合には白く粉を拭いてしまうのが特徴です。水分が不足していることが原因だからと化粧水だけをたっぷりと肌に与えても、乾燥肌は改善しないことがあります。それは油分の不足です。水分をたっぷりと肌に浸透させた後には油分でその水分の蒸発を防がなければ、せっかく肌に浸透させた水分が不足してしまい乾燥肌は改善されなくなってしまいます。また、水分が不足すると肌は更なる乾燥を防ぐために油分を大量に分泌してしまうので、脂性肌になってしまいニキビや吹き出物が出てしまう可能性があります。自分の肌の水分量は十分なのかどうかをしっかりと見極めることが重要になります。

化粧品選びも重要

乾燥肌の人は化粧品の選び方にも注意が必要です。美肌成分であっても、配合されていることで肌の乾燥を促進させてしまう成分があります。特に美白効果が高いことで人気のビタミンC誘導体は皮脂の分泌を抑制する作用があるため、肌を守る皮脂が不足してしまい乾燥が促進される可能性があります。どうしてもビタミンC誘導体が配合されている化粧品を利用したい場合には、抑制された皮脂の分を保湿性の高い美容液や乳液、クリームを使うようにしましょう。また、乾燥肌の人は健康な肌の人よりも外部からの刺激に過敏になっていることが多いため、刺激となる香料やアロマ成分、アルコールが入っている化粧品も配合量が多いと肌の水分を奪ってしまったりするので注意するようにしましょう。